2018.6.22 16:34

上野、競り負け天仰ぐ…「実力も運もまだ足りなかった」 日本女子アマ選手権

上野、競り負け天仰ぐ…「実力も運もまだ足りなかった」 日本女子アマ選手権

最終日、3番でアプローチショットを放つ上野菜々子。通算イーブンパーで2位=嵐山CC

最終日、3番でアプローチショットを放つ上野菜々子。通算イーブンパーで2位=嵐山CC【拡大】

 ゴルフの日本女子アマチュア選手権は22日、埼玉県の嵐山CC(6646ヤード、パー72)で最終ラウンドが行われ、首位から出た18歳の吉田優利(千葉・麗沢高)が5バーディー、2ボギー、1ダブルボギーの71で逃げ切り、通算1アンダーの287で初優勝した。71で回った上野菜々子(枚方国際)が1打差の2位だった。

 上野は最終18番、決まればプレーオフに持ち込める4メートルのバーディーパットを外し、天を仰いだ。一時は単独首位に立ちながらも競り負け「実力も運もまだ足りなかった。本当に悔しい」と声を震わせた。

 2番で11メートルのバーディーパットをねじ込むなど、随所でギャラリーを沸かせた。石川遼に憧れ、小学1年でクラブを握ったという大阪・東海大仰星高の3年生。「ここで一つ成長できた。次は勝てるように力をつけたい」と前を向いた。

  • 2位の上野菜々子(手前)と抱き合う優勝した吉田優利=嵐山CC
  • 通算1アンダーで初優勝した吉田優利=嵐山CC
  • 最終日、3番でティーショットを放つ吉田優利。通算1アンダーで初優勝=嵐山CC
  • 最終日、6番でバンカーショットを放つ吉田優利。通算1アンダーで初優勝=嵐山CC
  • 最終日、15番でティーショットを放つ吉本ここね。通算2オーバーで3位=嵐山CC
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内その他
  4. 上野、競り負け天仰ぐ…「実力も運もまだ足りなかった」 日本女子アマ選手権