2018.5.16 05:00(1/5ページ)

【シニアプロが教える上達のツボ】山添昌良の「高弾道ドライバーショットの打ち方」編

【シニアプロが教える上達のツボ】

山添昌良の「高弾道ドライバーショットの打ち方」編

特集:
シニアプロが教える上達のツボ
アドレスした位置で何度かジャンプすれば下半身がどっしりする(撮影・稲垣博昭)

アドレスした位置で何度かジャンプすれば下半身がどっしりする(撮影・稲垣博昭)【拡大】

 男子シニアツアーの新規大会で初の海外試合「富邦仰徳(フーボン・ヨウトク)シニア盃(カップ)」が18日から3日間、台湾・林口GCで開催される。同ツアーを主管する日本プロゴルフ協会(PGA)の協力による「シニアプロが教える上達のツボ」の第3回は、今季開幕戦で初優勝を飾った山添昌良(50)=シーミュージック=が高弾道のドライバーショットのコツを伝授する。 (取材構成・稲垣博昭)

【続きを読む】

  • 上半身を起こして構えればスイングアークを大きくできる(撮影・稲垣博昭)
  • どうヘッドを持ってくるか考える
  • ボール半分以上ヘッドの高さより上に出るように
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内その他
  4. 【シニアプロが教える上達のツボ】山添昌良の「高弾道ドライバーショットの打ち方」編