2018.1.14 16:12

片岡、痛恨のトリプル 「気持ち切り替え」最終でバーディー/米男子

片岡、痛恨のトリプル 「気持ち切り替え」最終でバーディー/米男子

第3ラウンド、ホールアウトし、ギャラリーの声援に応える片岡大育。通算8アンダーで21位=ワイアラエCC(共同)

第3ラウンド、ホールアウトし、ギャラリーの声援に応える片岡大育。通算8アンダーで21位=ワイアラエCC(共同)【拡大】

 米男子ゴルフのソニー・オープンは13日、ハワイ州ホノルルのワイアラエCC(パー70)で第3ラウンドが行われ、12位で出た片岡大育は5バーディー、1ボギー、1トリプルボギーの69で回り通算8アンダー、202で首位と8打差の21位に後退した。

 中盤までに三つ伸ばして上位を追っていた片岡に痛恨のミスが出た。「あれがなかったらと、悔しさが増す」とトリプルボギーに顔をしかめた。

 13番(パー4)の第3打はバンカーから残り36ヤード。「ライは悪くなかったし(寄せる)自信はあった」というが、これがトップしてグリーンを大きく飛び越えてしまった。第4打も乗らず、5オン2パットの「7」で貯金をはき出した。

 「一瞬、かっと来た」と14番は2メートル半、15番は1メートル半のチャンスを逃した。それでも18番でバーディーを奪うと笑みものぞかせ「気持ちが切り替えられて良かった。最終日はトップ10を目指す」と前向きだった。(共同)

リーダーボードへツアー日程へ

  • 第3ラウンド、通算8アンダーで21位の片岡大育。16番でティーショットを放つ=ワイアラエCC(共同)
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 米男子
  4. 片岡、痛恨のトリプル 「気持ち切り替え」最終でバーディー/米男子