2017.12.5 05:00

木下、68で回り首位キープ「気を抜かずに」/国内男子

木下、68で回り首位キープ「気を抜かずに」/国内男子

 男子ゴルフ・ファイナルQT(最終予選会)第5日(4日、茨城・セントラルGC西C=7165ヤード、パー72)木下稜介(26)=フリー=が68で回り、通算22アンダーで首位を守った。1打差の2位に狩俣昇平(25)=フリー。星野英正(40)=フリー=は通算7アンダーの37位、深堀圭一郎(49)=フォーラムエンジニアリング=は通算3アンダーの79位。5日が最終日で、上位35位までが来季ツアー前半の出場権を獲得する。

 プロ5年目の木下は「緊張しました」とプレッシャーのなかでスタート。いきなり1、2番を連続バーディーとして気持ちが楽になった。16番では6メートルのスライスラインを沈めて、5バーディー(1ボギー)を奪取。「17番のボギーは残念だったが、ほぼ完璧なゴルフだった。あと1日あるので、気を抜かずに頑張りたい」。トップ通過を狙って、残り18ホールに挑む。

  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内男子
  4. 木下、68で回り首位キープ「気を抜かずに」/国内男子