2017.8.13 17:57

辻、初Vに1打届かずも「最後までいいゴルフができた」/国内女子

辻、初Vに1打届かずも「最後までいいゴルフができた」/国内女子

18番のバーディートライがカップインせず悔しがる辻梨恵=軽井沢72ゴルフ北コース(撮影・戸加里真司) 

18番のバーディートライがカップインせず悔しがる辻梨恵=軽井沢72ゴルフ北コース(撮影・戸加里真司) 【拡大】

 NEC軽井沢72最終日(13日、長野・軽井沢72G北C=6655ヤード、パー72)23歳の比嘉真美子が通算12アンダーの204で並んだキム・ハヌル(韓国)とのプレーオフを1ホール目で制し、4季ぶりのツアー通算3勝目で賞金1440万円を獲得した。首位タイで出た両者はともに71で回った。

 1打差の3位に大山志保と辻梨恵が入った。

 初優勝を目指した23歳の辻は1打届かなかった。17番で1打差まで迫ったが、入れればプレーオフに持ち込める18番でのバーディーパットはカップをかすめて外れた。「あそこで入れないと優勝はできない」と勝負どころの強さを求めた。

 前回優勝争いをした6月のサントリー・レディースでは、緊張で最終日に失速。その教訓を生かして健闘し「最後までいいゴルフができた。自信になった」とすがすがしい笑顔をみせた。

リーダーボードへ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内女子
  4. 辻、初Vに1打届かずも「最後までいいゴルフができた」/国内女子