2020.10.2 05:02(1/2ページ)

爆問・太田光、異例の爆笑法廷 サンジャポ指差しポーズなどボケ連発

爆問・太田光、異例の爆笑法廷 サンジャポ指差しポーズなどボケ連発

爆笑問題の太田光

爆笑問題の太田光【拡大】

 お笑いコンビ、爆笑問題の太田光(55)が母校・日大芸術学部に裏口入学したと虚偽の報道をしたとして、新潮社を提訴した口頭弁論が1日、東京地裁で開かれた。太田は証人として初出廷。入廷時には遠慮がちにお約束の指差しポーズを決め、宣誓文の朗読後には「伊勢谷友介です。すみません…」とつぶやくなど、法廷では異例のボケを連発して傍聴席を笑わせた。裁判はこの日で結審し、判決は12月21日に言い渡される。

 グレーのスーツ姿で入廷した太田は一礼すると突然、傍聴席に向かい、司会を務めるTBS系「サンデージャポン」などでおなじみの指差しポーズ。厳粛な法廷でみせた、まさかのボケに傍聴者らが笑いをこらえた。

 さらに書記官にも指差しポーズ。開廷前に行われた2分間の法廷撮影でも、親指を立てるしぐさをみせた。宣誓文の朗読後には、小声で「(大麻事件で起訴された)伊勢谷友介です。すみません…」と得意の時事ネタも披露した。

 太田側は2018年、日大芸術学部に裏口入学したとの虚偽の記事を週刊新潮に掲載されたとして、発行元の新潮社に約3300万円の損害賠償と謝罪広告の掲載を求めて提訴。同年10月に第1回口頭弁論が開かれた。

【続きを読む】