2020.3.30 05:04(1/2ページ)

エビ中×横浜銀蝿が合体!ヒット曲「ツッパリ High School~」年の差カバー

エビ中×横浜銀蝿が合体!ヒット曲「ツッパリ High School~」年の差カバー

エビ中が横浜銀蝿40thと、世代を超えたコラボで大ヒット曲をカバー。夜露死苦(よろしく)!

エビ中が横浜銀蝿40thと、世代を超えたコラボで大ヒット曲をカバー。夜露死苦(よろしく)!【拡大】

 女性6人組、私立恵比寿中学が、1980年代を代表するロックバンド、横浜銀蝿の大ヒット曲「ツッパリ High School Rock’n Roll (登校編)」をカバーすることが29日、分かった。「-(バイト編)」として歌詞を替え、今年結成40周年を迎えて復活した横浜銀蝿が演奏とコーラスを担当してコラボ。エビ中の柏木ひなた(21)は「ぜひロックな気分で楽しく聞いてください」と呼びかけている。

 出荷57万枚(概算)を記録した39年前の大ヒット曲「ツッパリ High School Rock’n Roll (登校編)」が、若いエビ中の歌声で装い新たによみがえる。

 きっかけは、私立恵比寿中学が、テレビ神奈川の音楽情報バラエティー「関内デビル」(月~金曜後11・30)の新レギュラーに決定し、オープニング曲を担当することになったこと。楽曲について制作側が“横浜”をキーワードにアイデアを考えた際、横浜銀蝿がデビュー40周年を機に「横浜銀蝿40th」として1年限りの復活を遂げたことに目を付けた。

 横浜銀蝿サイドから快諾され、番組内でエビ中のメンバーが喫茶店のアルバイト店員にふんすることから、歌詞は「バイト編」として、原作をベースに、エビ中世代の現代女子のライフスタイルをつづったものへとユーモラスに変換。軽快なリズムやサビ部分はそのままに、歌い出しの♪今日も元気にドカンをきめたら、を、♪今日も元気に前髪きめたら、に変更するなど10代の共感を得られる歌詞に仕上げた。

【続きを読む】

  • “大先輩”とのコラボに挑戦したエビ中
  • 結成40周年を迎えた横浜銀蝿40th