2020.3.4 10:02

金正恩氏妹、異例の韓国非難 「3歳児並み」と初談話

金正恩氏妹、異例の韓国非難 「3歳児並み」と初談話

特集:
北朝鮮問題
北朝鮮の金与正朝鮮労働党第1副部長(聯合=共同)

北朝鮮の金与正朝鮮労働党第1副部長(聯合=共同)【拡大】

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の妹、金与正党第1副部長は3日夜、同国のミサイル発射に憂慮を表明した韓国大統領府に対し、「3歳児並みだ」「おびえる犬ほどほえる」と激しく非難する異例の談話を発表した。与正氏が談話を出すのは初めて。

 与正氏は2018年の平昌冬季五輪開会式に出席するなど南北融和を演出してきた。今回の韓国非難は文在寅政権に対するいら立ちに加え、米韓同盟を揺さぶる狙いも指摘される。兄の意向を代弁しているとみられ、体制内で一層存在感を増しそうだ。

 談話は、短距離弾道ミサイルとみられる2発を発射した2日の砲撃訓練は他国に脅威を与えない「自衛的行動」だと主張。米国と合同軍事演習を繰り広げてきた韓国が中断を要求するのは「盗っ人たけだけしい」「南への憎悪と軽蔑をかき立てるだけだ」と批判した。

 米韓が3月に予定していた軍事演習を延期したのは新型コロナウイルスの感染拡大が理由であり、平和のためではないとけん制。一方で、憂慮表明が文大統領の「直接の立場表明でなかったことは幸いだ」とした。(共同)