2019.12.3 05:03

弁護士の見解、新井被告の判決「女性の被害感情を思えばむしろ軽い」

弁護士の見解、新井被告の判決「女性の被害感情を思えばむしろ軽い」

冷たい雨が降る中、タクシーで東京地裁に入る新井被告=東京・霞が関(撮影・桐原正道)

冷たい雨が降る中、タクシーで東京地裁に入る新井被告=東京・霞が関(撮影・桐原正道)【拡大】

 昨年7月、派遣型マッサージ店の女性従業員(当時31)に乱暴したとして、強制性交罪に問われた元俳優、新井浩文(本名・朴慶培=パク・キョンベ)被告(40)の判決公判が2日、東京地裁で開かれた。滝岡俊文裁判長は「性的自由を侵害する卑劣で悪質な犯行」として求刑通り懲役5年を言い渡した。女性と示談は成立しておらず、執行猶予なしの実刑に。同被告側は判決を不服とし、即日控訴した。

 新井浩文被告が懲役5年の実刑判決を受けたことについて、弁護士法人・響の代表弁護士、西川研一氏は「密室の事件ではあるものの、裁判所が丁寧に事実認定を進めた結果の判決として評価できる。社会通念上、量刑として重いという見方もあるかもしれないが、女性の被害感情を思えばむしろ軽いぐらいだ」と語った。

 性犯罪をめぐる裁判では合意と誤信したかどうかの認定が難しく、これまで無罪となるケースもあったとした上で「今回は恐怖で抵抗できなかったことに乗じて性交に及んだことを、女性の心理状況と客観的な事実を積み重ねて克明に検証している」と指摘。「新井被告は女性に対して謝罪はしているものの、合意したと思っていたという言い訳の上での謝罪。その点も心証を悪くしたのでは」と推測した。

 西川氏は今回の事例について「同様の裁判の格好の判例になると思います。新井被告は今後、改めて示談交渉を進め、あくまで無罪を主張するでしょうが、減軽を勝ち取るのは極めて難しいでしょう」と話している。