2019.7.22 14:14

韓国もWTOに高官派遣 日本に対抗、支持確保狙う

韓国もWTOに高官派遣 日本に対抗、支持確保狙う

 韓国産業通商資源省は22日、日本政府の輸出規制強化を議題に23、24日にジュネーブで開かれる世界貿易機関(WTO)の一般理事会に同省の金勝鎬・新通商秩序戦略室長を派遣すると発表した。外務省の山上信吾経済局長を派遣する日本への対抗措置とみられる。日韓政府はそれぞれ本国から高官を出席させることで国際社会の支持を取り付けたい考えだ。

 一般理事会には通常、ジュネーブ駐在の大使が首席代表として出席する。韓国の産業通商資源省は同省高官の派遣を決めたことについて、事案の重大性を考慮したと説明した。WTO担当の高官を現場に直接投入し、自国の主張の正当性を強調したい狙いだ。

 輸出規制強化を巡り、日本は安全保障上、輸出管理の運用を見直す措置であり、WTO協定違反ではないと主張している。一方の韓国は元徴用工問題への報復措置で不当だと訴え、議論は平行線をたどっている。

 産業通商資源省によると、金氏は過去にWTO勤務経験もある専門家で、韓国が勝訴した福島など8県産の水産物輸入禁止措置を巡る紛争処理手続きにも携わった。(共同)