2019.7.22 05:05(1/2ページ)

「松本興業」作る!松本人志、芸人救済へぶち上げた 岡本社長22日会見へ

「松本興業」作る!松本人志、芸人救済へぶち上げた 岡本社長22日会見へ

謝罪会見を見た松本は、いてもたってもいられず“鎮圧”のため緊急生放送に出演

謝罪会見を見た松本は、いてもたってもいられず“鎮圧”のため緊急生放送に出演【拡大】

 闇営業問題で吉本興業から事実上の解雇処分を受けたお笑いコンビ、雨上がり決死隊の宮迫博之(49)らの緊急会見から一夜明けた21日、ダウンタウンの松本人志(55)が同社と岡本昭彦社長(52)に対し、「俺もだまされた感じ。このままじゃ(会社が)つぶれる」と厳しく非難。社内に松本が責任者になる部署「松本興業」を設置し、宮迫を含む問題芸人を所属させることも電撃発表した。また、岡本社長は22日に会見することを宣言。進退が注目される。

 宮迫とロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)による謝罪“告発”会見を受け、20日のツイッターで「動きます」と表明した松本が、素早い行動に出ていた。

 フジテレビ系レギュラー番組「ワイドナショー」を急きょ生放送に変更して東野幸治(51)と出演。前夜、仕事先の大阪から緊急帰京し、東京・新宿の吉本興業に大崎洋会長(65)と岡本社長を訪ね、宮迫らを救済するため直談判したことを明かした。

 松本は「(会見を見て)知らない事実があまりに多すぎ、俺もだまされたみたいな気になった。(宮迫や亮が)悪から善にいったとは思わないが、上から言われてクビは違う。2人を追い込んだ会社は絶対に良くないし、このままじゃ、吉本はつぶれる」と会社を厳しく非難した。

 続けて「“松本興業”じゃないですけど僕の部署を作ってくれと。やらかした子やイエローカードの子を引き取るから」と闇営業問題で契約解消や謹慎になった芸人を所属させ、松本が保証人となって更生させる案を提案したと告白。「会社は受け入れてくれた」と同意を取り付けたという。「芸人のギャラの問題もありますし」と闇営業の温床を作った薄給改善についても示唆した。

【続きを読む】