2019.7.22 10:14(1/2ページ)

加藤浩次、怒り爆発「今の社長、会長の体制が続くんだったら辞める」

加藤浩次、怒り爆発「今の社長、会長の体制が続くんだったら辞める」

加藤浩次

加藤浩次【拡大】

 お笑いコンビ、極楽とんぼの加藤浩次(50)が22日、MCを務める日本テレビ系「スッキリ」(月~金曜前8・0)に生出演。お笑いコンビ、雨上がり決死隊の宮迫博之(49)とロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)が20日に開いた謝罪会見を受けて、自身の所属する吉本興業のトップに怒りを爆発させた。

 加藤は「宮迫さんは僕は先輩とはいえ同い年で、先輩だからってそこまで敬語を使わない存在。亮に関しては7丁目劇場という僕らが20代前半のときに一緒にやってきた人間です」と、2人との関係を説明。続けて「その人間がこういった姿、本来はお笑いをやらなきゃいけない人間たちが、涙を流しながら記者会見をしている。これは僕は本当に悲しくて、つらかったです」と心境を吐露した。

 「そして、それとともに会社に対しての怒り、僕はそれを覚えました。いろんな考えがあると思います。僕はこんなとこまで追い込んでしまったんだと。会社でやる会見を拒否されて、自分たちでいろんな人たちに連絡して、こういった(会見)場所を借りて、ここまでやってしまうという状況まで追い込んだんだという状況に僕は本当に憤りと怒りを感じています」と険しい表情で語った。

 また2人の謝罪会見で明かされた岡本昭彦社長の発言についても怒りをあらわにした。会見を開くことを懇願する亮に対して岡本社長が「お前一人でも辞めて会見したらええわ。やってもええけど、全員、連帯責任でクビにするからな」と発言したことや、吉本側から2人が「引退会見をするか、契約解除するか」の2択を迫られたことについても言及。加藤は「ここの選択を迫られてるって、この気持を考えると心痛くて本当に怒りがこみ上げてくる」とし、「なんでこの2択しかないの。正直に言おうっていう、岡本社長も一緒に会見に参加するって、みんなで言おうって言えたと思う」と語気を強めた。

【続きを読む】