2019.7.22 05:02

「ルパンの娘」深キョン恋敵に岸井ゆきの!瀬戸康史と朝ドラで夫婦役

「ルパンの娘」深キョン恋敵に岸井ゆきの!瀬戸康史と朝ドラで夫婦役

五七五に乗せて感情を伝える難役に挑む岸井。和馬(瀬戸)に片思いするエミリを愛らしく演じる

五七五に乗せて感情を伝える難役に挑む岸井。和馬(瀬戸)に片思いするエミリを愛らしく演じる【拡大】

 女優、岸井ゆきの(27)がフジテレビ系ドラマ「ルパンの娘」(木曜後10・0)にレギュラー出演することが21日、分かった。

 女優、深田恭子(36)主演の同作は、泥棒一家「Lの一族」の娘で主人公の華と俳優、瀬戸康史(31)扮する警察一家の息子・和馬の禁断の恋を描くラブコメディー。岸井は警視庁刑事総務課に所属するエリート警察一家の令嬢で、和馬が無理やり行くことになるお見合いの相手・エミリ役として25日放送の第3話から登場する。

 華の恋敵となりそうなエミリは異性が苦手で、“五七五の中でしか自分の感情を出せない”という風変わりな女性。初の警官役に加えて個性的な難役を託された若手演技派は「私も感情を言葉にするのが苦手」と共感しつつ、「思っている以上にエミリは切実な思いがある子。しっかりと向き合いたい」と意気込む。

 瀬戸とは3月に終了したNHK連続テレビ小説「まんぷく」で夫婦役だっただけに「長い期間一緒に撮影をしていたので、とても安心します」と笑顔。「あの時は瀬戸さんに好かれる側だったのが、今回は私が一方通行の恋をする役。関係性が変わるのはこの仕事をする面白みでもあります!」と満喫している。