2019.5.26 11:00(1/2ページ)

【朝ドラのころ】瀧本美織(4)体力勝負の撮影、スッポンの血も飲んで完走!

【朝ドラのころ】

瀧本美織(4)体力勝負の撮影、スッポンの血も飲んで完走!

特集:
朝ドラのころ
朝ドラのクランクアップを迎え、花束を贈られた瀧本(左)と富司。瀧本は撮影現場を離れる寂しさから号泣した=2011年2月撮影

朝ドラのクランクアップを迎え、花束を贈られた瀧本(左)と富司。瀧本は撮影現場を離れる寂しさから号泣した=2011年2月撮影【拡大】

 朝ドラの撮影は体力勝負。ヒロインは絶対1回は倒れるといわれます。結構、大変なことを要求されるんですよ(笑)。広島・尾道のロケでは100段ぐらいある階段を何回も上る撮影があり、私も負けじと全力で走って。最後は倒れて、スタッフさんがおんぶしてくれた記憶があります。

 祖母役を演じた富司純子さんは、そんな私を気遣って、よくおいしいものをごちそうしてくれました。「とにかく栄養をつけなさい」と、スッポンの血を飲ませてもらったこともあります。なんかエネルギーがわいてくる気がしましたね。

 ドラマでは、最初は反発し合う関係でしたが、純子さんは気さくに接してくれました。

 撮影でも大きく受け止めてくれたから、私はテストの段階から常に全力でぶつかっていくことができました。そんなあるとき、純子さんが「美織ちゃん、テストから出し切らなくていいのよ。本番に取っておけば」と言ってくれて。それが逆に自分は演技経験がない分、常に感じたままの思いを出せるのかもという気づきになったんです。この世界で生きていく上で強みになるかもと思えるようになりました。

 「てっぱん」で印象に残っているシーンは、たくさんありますが、なかでも純子さんの「必ず朝は来る」というせりふが大好きです。ドラマの終盤、東日本大震災が発生し、日本中が暗い気持ちになるなかで私は、この言葉にすごく救われて。みんなで共有したいと願っていました。

【続きを読む】