2019.4.16 05:01

韓国籍の男がアニメ違法公開、被害170作品超で18億円

韓国籍の男がアニメ違法公開、被害170作品超で18億円

 人気アニメの動画をインターネット上に違法に公開したとして、大阪府警は15日、著作権法違反の疑いで、韓国籍で三重県四日市の会社員、李駿衡容疑者(29)を逮捕した。同容疑者はアニメやドラマなど170作品以上の動画を公開。7万回以上無料でダウンロードされ、著作権者の被害額は約18億円に上る。

 容疑は昨年9月5日、東映アニメーションが著作権者の人気アニメ「ワールドトリガー」の動画を、許可なくファイル共有ソフト「ビットトレント」を使ってネット上に公開、ダウンロードできるようにした疑い。同作品は約250回ダウンロードされ約3500万円の被害。同ソフトを使えば大容量、高画質の動画をダウンロードできた。

 「私が編集した動画をみんなに見てほしくてアップロードした」と容疑を認めている。