2019.3.12 06:00(1/2ページ)

衝撃シーン再現!“東條英機”たけしד大川周明”鶴瓶で東京裁判

衝撃シーン再現!“東條英機”たけしד大川周明”鶴瓶で東京裁判

特集:
ビートたけし
撮影現場に「バーン」と響きわたるほどの強さでたけし(右)の頭をたたく鶴瓶(左)=東京・新宿区

撮影現場に「バーン」と響きわたるほどの強さでたけし(右)の頭をたたく鶴瓶(左)=東京・新宿区【拡大】

 タレント、ビートたけし(72)がテレビ東京開局55周年特別企画ドラマスペシャル「二つの祖国」(23、24日放送、後9・0)に陸軍軍人で首相を務めた東條英機役で出演することが11日、分かった。たけしはA級戦犯として東條が出廷した極東国際軍事裁判(東京裁判)の場面を熱演。親交の深い落語家、笑福亭鶴瓶(67)が思想家・大川周明役にふんし、裁判中に大川が後ろから東條の頭をたたく実際に起きた衝撃シーンを再現する。

 撮影現場は実際の東京裁判(1946年5月3日~48年11月12日)で使用された東京・新宿区の防衛省市ケ谷記念館大講堂。歴史的舞台で、はげ頭の特殊メークをしたたけしと対峙したかつら姿の鶴瓶は「一発バーンたたいて、えらい音がなったんですよ」と苦笑しながら振り返った。

 テレ東55周年記念作「二つの祖国」は小説家・山崎豊子の同名小説が原作で、主演は小栗旬(36)。日系2世で米ロサンゼルスの日本語新聞社記者・天羽賢治(小栗)と大学の同級生で米国での成功を目指して奔走するチャーリー田宮(ムロツヨシ、43)が第二次世界大戦の勃発で数奇な運命をたどる物語だ。

 東京裁判のシーンはドラマ後半の山場。賢治が通訳の監視するモニターとして裁判をチェックする中、戦争責任を問われた東條は有罪で絞首刑を言い渡される。

 たけしにとっては、2008年放送のTBS系「あの戦争は何だったのか 日米開戦と東條英機」に続いて2度目の東條役。制作サイドは今回、裁判の異様な緊張感を表現するためにこのシーンを用意した。

【続きを読む】

  • 実際に起きた東京裁判のシーン。東條を殴る大川に誰もが驚いた
  • テレビ東京系「二つの祖国」に出演する笑福亭鶴瓶