2019.2.16 05:03(1/2ページ)

高校生お笑いスター出てこい!オフィス北野が“第2のたけし”発掘

高校生お笑いスター出てこい!オフィス北野が“第2のたけし”発掘

特集:
ビートたけし
高校生の気持ちになりきり?参加を呼びかけるダンカン(左)と枝豆

高校生の気持ちになりきり?参加を呼びかけるダンカン(左)と枝豆【拡大】

 昨年3月にビートたけし(72)が独立した芸能事務所、オフィス北野が高校生を対象にした新人オーディションを開催することが15日、分かった。全国の若者にチャンスを広げるため、業界では異例のLINE動画でネタを募集。16日から受け付け、応募者は撮影した漫才、一発芸などで勝負する。同社の専務取締役に就任したタレント、ダンカン(60)は「新元号の次世代スターを発掘したい」と“本気モード”だ。

 稼ぎ頭のたけしが独立し、所属タレントのつまみ枝豆(60)を新社長、ダンカンを新専務に迎えて昨年11月に再出発した新生オフィス北野が、次世代を担う高校生の才能に社運をかける。

 今回のお笑いオーディション「リセ」は、枝豆社長とダンカンの発案。同社にとって、お笑い界をリードする“第2のたけし発掘”は急務で、2人は「若手の底上げと同時に時代をリードする若い人のセンスが必要」と痛感。流行を生み出す高校生の発想力に着目し、「全国から幅広い人材を募集し、さらに貧乏でお笑い学校に行けないような若者にもチャンスを与えたい」として、スマートフォンで気軽に応募できる特設サイトを立ち上げた。「リセ」はフランス語で「高校」の意味。ダンカンが命名した。

【続きを読む】

  • オフィス北野高校生お笑いオーディション「リセ」チラシ
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 高校生お笑いスター出てこい!オフィス北野が“第2のたけし”発掘