2018.12.6 09:01(1/3ページ)

ランエボXの最高峰USカスタムチューンド! 西海岸の有力ショーで注目を集めた作り込みは伊達じゃない【2011 MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X】

ランエボXの最高峰USカスタムチューンド! 西海岸の有力ショーで注目を集めた作り込みは伊達じゃない【2011 MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X】

  • ランエボXの最高峰USカスタムチューンド!西海岸の有力ショーで注目を集めた作り込みは伊達じゃない【2011MITSUBISHILANCEREVOLUTIONX】PHOTO:AkioHIRANOTEXT:HideoKOBAYASHI
  • ランエボXの最高峰USカスタムチューンド!西海岸の有力ショーで注目を集めた作り込みは伊達じゃない【2011MITSUBISHILANCEREVOLUTIONX】PHOTO:AkioHIRANOTEXT:HideoKOBAYASHI
  • ランエボXの最高峰USカスタムチューンド!西海岸の有力ショーで注目を集めた作り込みは伊達じゃない【2011MITSUBISHILANCEREVOLUTIONX】PHOTO:AkioHIRANOTEXT:HideoKOBAYASHI
  • ランエボXの最高峰USカスタムチューンド!西海岸の有力ショーで注目を集めた作り込みは伊達じゃない【2011MITSUBISHILANCEREVOLUTIONX】PHOTO:AkioHIRANOTEXT:HideoKOBAYASHI
  • ランエボXの最高峰USカスタムチューンド!西海岸の有力ショーで注目を集めた作り込みは伊達じゃない【2011MITSUBISHILANCEREVOLUTIONX】PHOTO:AkioHIRANOTEXT:HideoKOBAYASHI
  • ランエボXの最高峰USカスタムチューンド!西海岸の有力ショーで注目を集めた作り込みは伊達じゃない【2011MITSUBISHILANCEREVOLUTIONX】PHOTO:AkioHIRANOTEXT:HideoKOBAYASHI
  • ランエボXの最高峰USカスタムチューンド!西海岸の有力ショーで注目を集めた作り込みは伊達じゃない【2011MITSUBISHILANCEREVOLUTIONX】PHOTO:AkioHIRANOTEXT:HideoKOBAYASHI
  • ランエボXの最高峰USカスタムチューンド!西海岸の有力ショーで注目を集めた作り込みは伊達じゃない【2011MITSUBISHILANCEREVOLUTIONX】PHOTO:AkioHIRANOTEXT:HideoKOBAYASHI
  • ランエボXの最高峰USカスタムチューンド!西海岸の有力ショーで注目を集めた作り込みは伊達じゃない【2011MITSUBISHILANCEREVOLUTIONX】PHOTO:AkioHIRANOTEXT:HideoKOBAYASHI
  • ランエボXの最高峰USカスタムチューンド!西海岸の有力ショーで注目を集めた作り込みは伊達じゃない【2011MITSUBISHILANCEREVOLUTIONX】PHOTO:AkioHIRANOTEXT:HideoKOBAYASHI
  • ランエボXの最高峰USカスタムチューンド!西海岸の有力ショーで注目を集めた作り込みは伊達じゃない【2011MITSUBISHILANCEREVOLUTIONX】PHOTO:AkioHIRANOTEXT:HideoKOBAYASHI

 #THE BLUE PRINT。クルマ趣味の世界も、ショーネームをハッシュタグにして世界へ発信する時代となった。西海岸でも有数のメンバー数を誇るオーナーズクラブの代表は「この車種をイジるならこう」という固定観念を良しとせず、自由な発想でカスタムを楽しんでいる。チームの求心力ともなっている、そのバイタリティとオリジナリティに迫る!

 自由に飛翔する発想力でストリートを席巻!

 ほかにはないクールな出で立ちは 西海岸の有力ショーでも注目の的!

 アメリカで取材をしていると、クルマ好きに国境はないと思うことがよくある。多様性に寛容なカリフォルニアでは特に。トランプ大統領の誕生で先行き不透明とはいえ、独立宣言からこのかた、これまでもいろいろあった国だけに、最終的には民主的になんとかなってくれることを期待するばかりだ。

 さて、そのカリフォルニアで『デイリー・ドリブン・レボリューション』というオーナーズクラブを運営しているデビッド・パチェコは、JDMをこよなく愛するカーガイだ。アメリカ人であるデビッドにとって日本車は輸入車ということになるわけだが、デビッドに言わせれば国産車であるアメ車のほとんどは「ガタイもエンジンもでかくて四角いだけのクルマ」ということになるらしい。

 ギュッと凝縮されたサイズ感にスポーティなスタイリング。その中にハイテクを詰め込んだ日本のスポーツカーが国境を超えて愛される理由は、それがクルマとしての根源的な魅力を備えているからに他ならないと、あらためて実感させられる。

 そんなデビッドの愛車は11年式のランエボX。彼の地では“EVOLUTION”を“EVO”と短縮した場合、「イヴォ」と発音するので、ここでも郷に従ってイヴォで通すことにしよう。

 デビッドのイヴォにはレイズ、ファルケン、エンドレス、バリス、ボルテックス、クスコと、日本人に馴染み深いブランドのパーツがてんこ盛りだ。日本では「性能ありき」のチューニングが主流ともいえるエボXだが、ショークオリティを追求しているデビッドのイヴォは、われわれ日本人に新鮮な印象を与えてくれる。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. ランエボXの最高峰USカスタムチューンド! 西海岸の有力ショーで注目を集めた作り込みは伊達じゃない【2011 MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X】