2018.10.11 17:25

ソニーとシャープが国内勢初の有機ELスマホ発売へ

ソニーとシャープが国内勢初の有機ELスマホ発売へ

ディスプレーに有機ELを採用したシャープの「アクオス ゼロ」

ディスプレーに有機ELを採用したシャープの「アクオス ゼロ」【拡大】

 ソニーモバイルコミュニケーションズとシャープは11日、国内メーカーでは初めてディスプレーに有機ELを採用した新型スマートフォンを発売すると発表した。薄型の有機ELスマホは高精細な映像を楽しめるのが特長で、先行する海外勢に対抗する。

 ソニーの「エクスペリア XZ3」はKDDI(au)とソフトバンク向けで11月上旬に売り出す。横向きに構える動作を人工知能(AI)が認識し、簡単にカメラのアプリを起動することができる。画面の大きさは約6インチ。

 シャープの「アクオス ゼロ」は12月上旬以降、ソフトバンク向けに発売予定。側面に軽量なマグネシウム合金、背面に強度が高い合成繊維を使うなどデザインも重視した。画面は約6・2インチ。

 有機ELスマホは韓国サムスン電子や米アップルのほか中国メーカーも手掛け、日本で販売している。シャープはディスプレーを自社生産する一方、ソニーは海外メーカーから調達している。

  • ディスプレーに有機ELを採用したソニーモバイルコミュニケーションズの「エクスペリアXZ3」
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. ソニーとシャープが国内勢初の有機ELスマホ発売へ