2018.9.23 13:44(1/3ページ)

「自動運転」のカギはクルマの頭脳「AI」にあり!?

「自動運転」のカギはクルマの頭脳「AI」にあり!?

「自動運転」のカギはクルマの頭脳「AI」にあり!?

「自動運転」のカギはクルマの頭脳「AI」にあり!?【拡大】

 「自動運転」に欠かせないもの…それが人間のドライバーと同じように現状を把握し、これまでの経験から状況を予測してクルマに指令を与える「AI」=人工知能や「GPU」の搭載であり、その性能次第と言っても過言ではないと思います。むしろAIによって人間よりも反応が早く、かつ安全な運転が可能になります。

 クルマの心臓は「エンジン」。ではクルマの頭脳は「AI」?

 とはいえ、現実にはそう簡単なことではありません。そしてそのカギを握るのがアメリカの半導体メーカー「NVIDIA」(エヌヴィディア)の存在。「NVIDIA」は、もともとはゲームのグラフィック画像処理用のボードを開発している会社で、そのシェアはゲーム市場の約9割を占めています。しかし現在はゲームの世界に留まらず、IT産業、スーパーコンピュータにもNVIDIAの「GPU」が使用され、今年6月にドイツ・フランクフルトで開催された国際スーパーコンピューティング会議(ISC)では世界最速スーパーコンピュータのトップはもちろん、トップ10のうち1位、3位、5位、6位、7位の5台にNVIDIAのGPUが搭載されています。

 ちなみに「GPU」とは「Graphics Prpcessing Unit(グラフィック・プロセッシング・ユニット)」の略で、高速で画像処理を行うもののこと。これによってリアルタイムで同時に多くの画像処理が可能です。

 一方「CPU」は、「Central Processing Unit(セントラル・プロセッシング・ユニット)」の略で、PC全体を管理するもの。GPUとの違いは、こちらはひとつひとつ順番に処理していくという違いがあります。

 NVIDIAでは自動運転のためにAI(人工知能)にコンピュータ「GPU」を組み合わせて、膨大なデータを記憶させ、学習させます(ディープラーニング)。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 「自動運転」のカギはクルマの頭脳「AI」にあり!?