2018.7.12 11:00

日枝会長、世界文化賞ロンドン会見であいさつ「芸術の力に感謝と称賛」

日枝会長、世界文化賞ロンドン会見であいさつ「芸術の力に感謝と称賛」

 世界の優れた芸術家を顕彰する「高松宮殿下記念世界文化賞」(主催・公益財団法人日本美術協会=総裁・常陸宮殿下)の第30回受賞者(5部門5人)が決まり11日、東京や英ロンドンなどで発表された。

 ロンドンで行われた受賞者発表会見では、主催者を代表して日本美術協会の日枝久会長があいさつ。同協会総裁の常陸宮殿下の「記念すべき第30回受賞者発表にあたり、お祝い申し上げ、世界の人々の平和と協調に寄与することを心から願います」とのお言葉を代読した。

 さらに「国境、人種、言葉の壁を越えて世界の人々の心を豊かにできる芸術の偉大な力と芸術家に、感謝と称賛をささげたい」と述べた。また、パリの会見では受賞者のピエール・アレシンスキー氏(90)とクリスチャン・ド・ポルザンパルク氏(74)が喜びの胸中を語った。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 日枝会長、世界文化賞ロンドン会見であいさつ「芸術の力に感謝と称賛」