2018.7.12 11:00

世界の音楽界リードする指揮者、リッカルド・ムーティ氏が世界文化賞

世界の音楽界リードする指揮者、リッカルド・ムーティ氏が世界文化賞

 世界の優れた芸術家を顕彰する「高松宮殿下記念世界文化賞」(主催・公益財団法人日本美術協会=総裁・常陸宮殿下)の第30回受賞者(5部門5人)が決まり11日、東京や英ロンドンなどで発表された。

 音楽部門はリッカルド・ムーティ氏(76)が受賞した。1941年7月28日、イタリア・ナポリ生まれ。世界の音楽界をリードする指揮者。レパートリーは古典から現代音楽まで多岐にわたり、特にイタリアの歌劇王、ヴェルディ作品への理解力には定評がある。

 ミラノのジュゼッペ・ヴェルディ音楽院で作曲と指揮を学んだ。オーストリアの指揮者、ヘルベルト・フォン・カラヤンに認められ、米国のフィラデルフィア管弦楽団、イタリアの歌劇場「ミラノ・スカラ座」の音楽監督を歴任。現在は米国の「シカゴ交響楽団」の音楽監督を務める。

 イタリアと日本の文化交流促進に対する貢献が評価され2016年、旭日重光章を受章した。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 世界の音楽界リードする指揮者、リッカルド・ムーティ氏が世界文化賞