2018.6.21 12:00(1/2ページ)

東西で活躍する桂春蝶が演じる命の創作落語/週末エンタメ

東西で活躍する桂春蝶が演じる命の創作落語/週末エンタメ

特集:
週末エンタメ芸能記者コラム
命をテーマにした創作落語に取り組んでいる桂春蝶=東京都内

命をテーマにした創作落語に取り組んでいる桂春蝶=東京都内【拡大】

 落語家、桂春蝶(43)が、沖縄戦のひめゆり学徒隊を題材にした創作落語「ニライカナイで逢いましょう~ひめゆり学徒隊秘抄録~」を演じて反響を呼んでいる。

 春蝶は関西で人気を博した故二代目桂春蝶さんの長男で、上方落語の四天王の1人、故三代目桂春団治さんの弟子。1994年に入門し、2012年から東京にも進出して東西で活動している。

 14年から史実に基づいた「落語で伝えたい想いシリーズ」を発表し、「ニライカナイ-」は4作目。元学徒隊員や元看護師らに直接取材したエピソードを基にした約1時間の落語で、戦争を回想する元看護師の視点で命の尊さを訴えている。

 明るい芸風の春蝶だが、昨年1月に同作を初演以来、演じるたびに全国の観客の涙を誘う。当事者ではない自身が沖縄戦を題材にした落語を演じることに不安もあったが、「沖縄公演で『祖父母から聞いていた戦争の話と同じ空気があった』と言ってくれたお客さんがいて、演じるのを許してもらえたような気持ちになった」。来場者からは「生きるのがつらかったけど、命を大切にしたい」という思いがけない手紙が何通も届いた。

 笑いがない、命をテーマにした落語を演じるに至った原体験は、小学生のころ。うつ状態だった父が「死にたい」と漏らすのを聞き、幼心に命について考えさせられていた。高校3年のときに父が病死したことをきっかけに落語家になったが、結婚して父になり、自身の父が名乗った春蝶の三代目を9年前に襲名したことで、「春蝶の第三走者として自分の心の奥底のものにあるものを表現したい」と構想した。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 東西で活躍する桂春蝶が演じる命の創作落語/週末エンタメ