2018.6.15 00:00

ステチェンスカ女流1級、西野ジャパンにエール「侍とナイトは精神が似ている」

ステチェンスカ女流1級、西野ジャパンにエール「侍とナイトは精神が似ている」

史上初の外国人女流棋士のカロリーナ・ステチェンスカ女流1級は、母国ポーランドのサッカー代表チームの帽子を手に、14日に開幕したW杯ロシア大会での母国と日本の健闘を祈った。

史上初の外国人女流棋士のカロリーナ・ステチェンスカ女流1級は、母国ポーランドのサッカー代表チームの帽子を手に、14日に開幕したW杯ロシア大会での母国と日本の健闘を祈った。【拡大】

 史上初の外国人女流棋士、カロリーナ・ステチェンスカ女流1級(26)が、14日に開幕したサッカーW杯ロシア大会の1次リーグH組で対戦する母国ポーランドと日本の健闘を祈った。

 ステチェンスカ女流1級は、日本の漫画がきっかけで将棋と出会い、独学。2013年に来日し、昨年2月に女流2級に昇級して外国人初の正規女流棋士となった。東京都内で本紙の取材に応じ「侍とポーランドのナイト(騎士)は精神が似ている。国旗も同じ白と赤。闘う心を受け継いでいるから私も棋士になった」と話した。

 日本とポーランドは28日に対戦するが「レバンドフスキがいるから楽しみ」。母国代表の絶対的エースFWに期待する。不振が伝えられる日本代表には「それは言い訳ですね。1次リーグを一緒に突破できれば最高」と熱いエールを送った。

 きょう15日から、自身のこれまでの歩みを描いたアニメ映画「すすめ、カロリーナ。」がインターネット上で公開される。「夢に挑戦した方がいいと伝えたい。海外の人が将棋を知るきっかけにもなってほしい」と目を輝かせた。

  • 15日からインターネット上で公開されるアニメ映画「すすめ、カロリーナ。」
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. ステチェンスカ女流1級、西野ジャパンにエール「侍とナイトは精神が似ている」