2018.6.14 17:00

志らく、パワハラ栄氏会見は卑怯「悪いと思ってない」

志らく、パワハラ栄氏会見は卑怯「悪いと思ってない」

立川志らく

立川志らく【拡大】

 落語家、立川志らく(54)が14日、コメンテーターを務めるTBS系情報番組「ひるおび!」(月~金曜前10・25)に生出演。レスリング女子で五輪4連覇した伊調馨(33)=ALSOK=らへのパワーハラスメント行為が認定された日本協会の栄和人前強化本部長(57)が同日に開いた謝罪会見について、「卑怯(ひきょう)な感じがする」と印象を語った。

 栄氏は全日本選抜選手権(駒沢)が開幕する会場で大会前に記者会見を開き、「伊調選手、田南部コーチに深くおわびしたい。今後、常に他人に敬意を持って接したい」と謝罪し、頭を下げた。

 志らくは「栄さんは決して悪い人ではないとは思うんですよ。だから、選手たちがまた指導を受けたいというのならば、日大アメフットの件とは別にそれはいいんだとは思うんですよ」と前置きした上で、「ただ、会見があまりにも遅いしね。きょうのこの試合があるがために20分って、もう時間を区切ってやってるっていうのが、ちょっと卑怯な感じがする」と語った。

 栄氏は「コミュニケーション不足が生んだことが、このような事態になった」と釈明した。志らくは「言い訳が多いですよね。第三者委員会が認めたのに、まだ『コミュニケーション不足です』って言ってる。コミュニケーション不足じゃないだろ。明らかに相手が不快に思ったわけですよ」と指摘した。続けて「結局、まだ自分はそれほど悪いことしたってのは思ってないんでしょうね。まだ、今後もこの世界で生きていきたいから謝罪をしてっていうふうにしか受け取れないですね。人柄の良さは出ているし可哀想だなって見えるんだけども、まだ、結局は悪いとは思ってないでしょうね」と断じた。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 志らく、パワハラ栄氏会見は卑怯「悪いと思ってない」