2018.5.26 12:00(1/2ページ)

日大アメフット部の悪質タックル問題と「スクール☆ウォーズ」からのメッセージ/芸能ショナイ業務話

日大アメフット部の悪質タックル問題と「スクール☆ウォーズ」からのメッセージ/芸能ショナイ業務話

特集:
芸能ショナイ業務話
スーパーラグビー、サンウルブズ対レッズの試合前にユニフォーム姿でイベントに参加した山下真司 

スーパーラグビー、サンウルブズ対レッズの試合前にユニフォーム姿でイベントに参加した山下真司 【拡大】

 日大アメリカンフットボール部の選手が悪質な反則を犯した問題が波紋を広げる中、荒廃した高校ラグビー部の再生を描いたTBS系ドラマ「スクール☆ウォーズ ~泣き虫先生の7年戦争~」が注目を集めている。

 同作は、無名だった京都市立伏見工高ラグビー部の監督に就任し、日本一へと導いた元ラグビー日本代表・山口良治氏の実話をもとにした物語。

 1984~85年に放送され、飲酒や喫煙に加え、いじめなどの校内暴力が吹き荒れる川浜高の体育教師に着任した元日本代表の名選手、滝沢(山下真司、66)が不良部員と真摯(しんし)に向き合い、弱小チームを日本一に導く感動作だ。

 第2話「泥まみれのニュースーツ」では、今回の悪質タックルと同様のレイトタックル(パスやキックを終えた選手への反則)が取り上げられていた。

 着任したばかりの滝沢は同僚教師の甘利(三浦浩一、64)と校内を見学中、校庭で練習するラグビー部のツッパリ上級生が下級生の森田(元俳優の宮田恭男さん)に背後から故意に悪質タックル。

 名ナレーターで知られる故芥川隆行さんの「レイトタックルは厳しく禁止されている」の解説が流れる中、滝沢は「指導者がしっかりみてあげないと、いつどんな事故が起こるか分からない」とグラウンドに駆けつけ、上級生を「レイトタックルなんかやりあがって!」と一喝。

 脳しんとうで気絶する森田のために、滝沢は着ていたスーツの上着を泥だらけにしながら簡易担架を作り、応急処置に奔走。その後、森田は姉の夕子(和田アキ子、68)と、夕子の夫で中華料理「新楽」の店主、大三郎(梅宮辰夫、80)から滝沢の対応を聞き、店に置き去りにされていたスーツを自分の小遣いでクリーニング。後日、滝沢が店を訪れてスーツを受け取ると、森田に「クリーニング、ほんとうにありがとう」と感激の表情で頭を下げた。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 日大アメフット部の悪質タックル問題と「スクール☆ウォーズ」からのメッセージ/芸能ショナイ業務話