2018.5.19 12:01

サッカーCL決勝めぐって英リバプール出身ロックバンドのエコー&ザ・バニーメンが珍騒動/芸能ショナイ業務話

サッカーCL決勝めぐって英リバプール出身ロックバンドのエコー&ザ・バニーメンが珍騒動/芸能ショナイ業務話

特集:
芸能ショナイ業務話

 英リバプール出身のロックバンド、エコー&ザ・バニーメンが、26日(英国時間)に開催されるサッカー欧州チャンピオンズリーグ決勝戦に関連した“珍騒動”を起こした。決勝戦はウクライナの首都キエフのスタジアム、NSKオリンピスキーで開催。大会3連覇を狙うレアルマドリード(スペイン)と11年ぶりの決勝進出となるバンドの地元、リバプールが欧州のサッカークラブの頂点をかけて戦う。

 エコー&ザ・バニーメンバンドは当日、バーミンガムのシンフォニーホールで公演を行うことになっているが、愛する地元クラブが13年ぶりの欧州王座をかけた1日と重なってしまった。そこで彼らは9日、公演日を29日に延期すると公式フェイスブックで発表した。

 「チャンピオンズリーグ決勝と同じ日にショーをすることができない。(主催者の)UEFA(欧州サッカー連盟)に試合の日程変更を頼んだが拒否された」「われわれは常に100%でライブに臨みたいと思っています。しかし、このような状況では(ライブは)上の空になってしまうでしょう。皆さまには理解して頂けると心から願っています」と説明した。

 この発表を受け、ファンから「ホテルの部屋を予約してしまった」などと、同サイトには非難が殺到。ファンからの予想以上の反発に「予定通りもともとの日程で(コンサートを)開催いたします。昨夜の発表に対する反応を受けて決断を取り消すことを決めました」と前言を撤回した。

 イングランドの国技といえばサッカー。リバプールのサポーターのバンドメンバーにとってみれば、重要な一日になることは間違いない。しかし、バーミンガムのファンには関係ないし、チケットを購入してライブ当日を待ちわびているファンにとっても、重要な一日だ。

 デビュー38年というキャリアを誇るバンドが大切なファンの存在まで忘れてしまうほど夢中にさせてしまうサッカー。ロシアW杯でもまた騒動が起きる?!(くらぼん)

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. サッカーCL決勝めぐって英リバプール出身ロックバンドのエコー&ザ・バニーメンが珍騒動/芸能ショナイ業務話