2018.5.7 12:00

国分太一に山口達也「TOKIOを守ってくれ」 契約解除発表の6日に電話

国分太一に山口達也「TOKIOを守ってくれ」 契約解除発表の6日に電話

特集:
TOKIO

 TOKIOの国分太一(43)が7日、司会を務めるTBS系「ビビット」(月~金曜前8・0)に生出演。強制わいせつ容疑で書類送検され、起訴猶予処分となったTOKIOの山口達也(46)が6日、ジャニーズ事務所から契約解除されたことを受け、心境を語った。

 番組冒頭から山口の謝罪会見やメンバー4人での会見をVTRで振り返った。国分は「山口自身が会社を辞めるという強い意思、そして僕たちの考えをまとめ、そしてリーダーが代表して社長でもありますジャニー(喜多川社長)さんと協議した結果、こうなりました」と契約解除に至った経緯を説明した。

 2日にメンバー4人で会見した後に山口と会うことはなかったが、5日にメンバー4人で集まり、山口のことやTOKIOの今後などを議論したという。「いろんな話をした結果、自分たちだけでは答えは出せないねっていう話にメンバー内で落ち着き、リーダーが持っている山口の退職届、辞表というものをジャニーさんに渡し、そしてジャニーさんの中で考えてもらおうということを言って、その辞表をジャニーさんに渡しました。責任を持つ、私が決める、というような話をし、その間に山口のほうからも事務所のほうに辞めるという強い意思があったということで、今回のこういう形になりました」と詳細について語った。

 2日に4人で会見を開いた後と契約解除が発表された6日に山口から電話があったという。山口は国分に「4人に申し訳ない気持ちでいっぱいだ」と話し、「TOKIOを守ってくれ」と伝えたという。

 国分は「山口はジャニーズ事務所を辞めました。ここで新たなスタートラインについたと思います。ここからどうやって自分と向き合っていくか。どのぐらいかかるのか分からないですけども、新たなスタートを切りました。社会復帰もしなきゃいけない」とし、「ジャニーズ事務所もそうでけれども、僕個人としても山口を見ていく。そして彼が普通の社会に戻る姿を僕は望んでます」と真剣な表情で語った。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 国分太一に山口達也「TOKIOを守ってくれ」 契約解除発表の6日に電話