2018.5.7 13:43

志らく、山口達也の契約解除に対して「TOKIOのためにはこれしかなかった」

志らく、山口達也の契約解除に対して「TOKIOのためにはこれしかなかった」

特集:
TOKIO
立川志らく

立川志らく【拡大】

 落語家、立川志らく(54)が7日、コメンテーターを務めるTBS系情報番組「ひるおび!」(月~金曜前10・25)に生出演。強制わいせつ容疑で書類送検され、起訴猶予処分となったTOKIOの山口達也(46)が6日、ジャニーズ事務所から契約解除されたことに言及した。

 ジャニーズ事務所は6日、「無期限謹慎という曖昧な形ではなく、辞意を受け入れ、山口が一人の人間として自分と向き合う形をとらせるべきだと決断した」と説明。事件の原因となった酒の問題や現在憔悴しきっている精神面を含めてサポートすることを明言している。

 志らくは、「救いはジャニーズ事務所が見捨てなかったということですよね。もう、社会的制裁は十分受けたし、被害者とも示談は成立しているわけなんで」と言及。

 続けて「今の世の中、一番怖いのはネット社会だから。いろんな人が正義をかざして攻撃してくるでしょう。正義だから間違ってはいないんだけども、それがひとつの塊になるとこんな怖いことないですよね。被害者に対しても加害者に対しても、両方に正義でみんなうわーってくるから」とネットでニュースが広がっていくことを指摘しつつ、「だからもう少し温かい目で両方を見るというね。加害者に対しても、被害者に対しても。少しおおらかな目で見ないと、今ネット社会本当に怖いなという気がしますね」とネットの誹謗中傷に対しても、言及した。

 山口の契約解除に対しては「TOKIOのためにはこれしかなかったということですね」と言及した。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 志らく、山口達也の契約解除に対して「TOKIOのためにはこれしかなかった」