2018.3.29 12:00

お笑いと料理の二刀流で活躍するロバート、馬場裕之/週末エンタメ

お笑いと料理の二刀流で活躍するロバート、馬場裕之/週末エンタメ

特集:
週末エンタメ芸能記者コラム
「Minoleよしもと第2弾!~ロバート馬場 オムライス講座」を開催した馬場裕之=東京・大手町

「Minoleよしもと第2弾!~ロバート馬場 オムライス講座」を開催した馬場裕之=東京・大手町【拡大】

 今年結成20年を迎えるお笑いトリオ、ロバート。「キングオブコント2011」で優勝するなど、芸人としての実力もさることながら、メンバーの中で異彩を放つのがボケ担当、馬場裕之(39)だ。プライベートで料理に没頭しており、過去にレシピ本も出版。テレビのレギュラー番組3本もすべて料理関係という馬場は、“料理芸人”として新たな道を開拓し、料理教室も開催している。

 先日、東京都内で「ロバート馬場オムライス講座」を開いた。「シュガートマトを使ったインスタ映えするオムライス」を受講者の前で実際に調理。手際よく作る間には、トマトのおいしい見分け方などの豆知識も披露した。「青いトマトは、フライにすると意外とおいしいですよ」などと受講者に語りかける姿は、その道の“プロ”のよう。実際に食べた参加者は、「卵の火の通り加減が抜群でとろける食感」「トマトがいいスパイスになっていてくどくなく、量も食べられる」と絶賛した。

 馬場は自身の芸人としての活動について、ここ数年悩んでいたと打ち明ける。「お笑いのステージではギャグが不発で、ずっと芸人として悩んでいた。ネタも作れないし、バラエティー番組でもうまく振る舞うことができない」と真顔で話す一方で、「ここ数年、料理の仕事をやらせてもらって手応えを感じている。レシピを紹介して笑顔にできることは自分にしかできないと思います」と力を込めた。

 年末に予定してるロバートの20周年ライブ終了後にも、料理留学するプランがあるという。米ニューヨークに留学しているお笑いコンビ、ピースの綾部祐二(40)を引き合いに、「僕もイタリアとか中国、フランスに、料理を勉強しに行きたいです」。今はキッチンカーが欲しいと熱望し、「移動販売をやりたいなって。海外で和食を提供するキッチンカーをやるのもいいですよね」と笑った。

 今後、料理教室も本格的にやりたいという馬場。日本最大の料理レシピサービス「クックパッド」では、「ロバート馬場裕之の公式キッチン」と題し、自身が考案した簡単でおいしい料理を紹介しているので、ぜひのぞいてみてほしい。芸人と料理人の“二刀流”で活躍する馬場の今後に注目だ。(村上純平)

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. お笑いと料理の二刀流で活躍するロバート、馬場裕之/週末エンタメ