2018.3.14 05:04

R-1王者の濱田祐太郎、ネタ番組に初出演!「ネタパレ」緊急参戦

R-1王者の濱田祐太郎、ネタ番組に初出演!「ネタパレ」緊急参戦

白杖を手に、漫談を繰り広げた濱田=東京・青海

白杖を手に、漫談を繰り広げた濱田=東京・青海【拡大】

 今月6日に行われたひとり芸の王者を決める「R-1ぐらんぷり」で優勝した盲目の漫談家、濱田祐太郎(28)が16日放送のフジテレビ系「ネタパレ」(金曜後11・45)に緊急参戦することが13日、分かった。

 テレビ放送がある賞レース「R-1」、2017年の「NHK新人お笑い大賞」ではネタを披露しているが、ネタ番組への出演はキャリア5年で初めて。快挙から約1週間がたち、その間に仕事の依頼が倍増するなど大忙しで、同番組への出演も“R-1特需”だ。

 この日、東京都内でサンケイスポーツの取材に応じた濱田は「街中で声をかけられることが増えた」と頂点に立ったことを実感している。収録には、「緊張は舞台でもする。テレビも普段通りやるだけ」と平常心で臨んだ。

 濱田は先天性緑内障で左目が見えず、右目は明暗が分かる程度の全盲に近い弱視。白杖をついて登場し、メモを音声で読みあげる携帯電話の機能が本来の読み方と異なる変換をする、という新ネタを独特の語り口で展開。貫禄を見せた新王者は「お笑いが好き。関西で息の長い芸人になれたら」と優勝会見で語った抱負を繰り返した。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. R-1王者の濱田祐太郎、ネタ番組に初出演!「ネタパレ」緊急参戦