2018.1.13 12:40

宮迫博之、水木一郎のプッシュに冷や汗

宮迫博之、水木一郎のプッシュに冷や汗

「Zポーズ」で会場を盛り上げた前列左から宮迫博之、水木一郎、永井豪、森久保祥太郎。後列左から志水淳児監督、上坂すみれ、茅野愛衣、花江夏樹

「Zポーズ」で会場を盛り上げた前列左から宮迫博之、水木一郎、永井豪、森久保祥太郎。後列左から志水淳児監督、上坂すみれ、茅野愛衣、花江夏樹【拡大】

 お笑いコンビ、雨上がり決死隊の宮迫博之(47)が13日、東京・丸の内TOEI(1)で行われたアニメ映画「劇場版マジンガーZ/INFINITY」(志水淳児監督)の初日舞台あいさつに出席。同作であしゅら男爵の男性側の声をゲストとして担当した宮迫は「アニソン歌手に憧れていてアニキに憧れていました。うれしすぎて心臓がバクバクしてます。泣きそうです」と、45年前のテレビ放送に引き続きオープニングテーマを担当した歌手、水木一郎(70)へのリスペクトを緊張の面持ちで明かした。

 水木も「45年前にテレビで歌った歌が、映画で改めて歌えるなんてアニメ史上なかなかない。夢のようです」と笑顔を見せ、原作者の永井豪氏(72)に「先生、新しい作品があれば(宮迫を)ぜひ!」と売り込むと、宮迫が「こんなとこで、何の交渉してるんですか」と冷や汗をかいていた。

 最後に水木はオープニングテーマ曲「マジンガーZ」をフルコーラスで熱唱、登壇者とファンも大合唱し会場は興奮に包まれた。声を担当した森久保祥太郎(43)、茅野愛衣(30)らも出席した。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 宮迫博之、水木一郎のプッシュに冷や汗