2017.12.27 12:15(1/2ページ)

“チーム東方神起”が2年半の充電期間経て強固に 6年ぶりにインタビュー/芸能ショナイ業務話

“チーム東方神起”が2年半の充電期間経て強固に 6年ぶりにインタビュー/芸能ショナイ業務話

特集:
芸能ショナイ業務話
精悍さを増したチャンミン(左)とユンホ

精悍さを増したチャンミン(左)とユンホ【拡大】

 約2年半の充電期間を経て復活した韓国の人気ユニット、東方神起をインタビューした。これまで記者会見やライブの取材、合同インタビューは何度も行ってきたが、2人としっかり向き合って話を聞くのは2011年大みそか以来、6年ぶりだった。

 ともに以前よりも精悍(せいかん)さがグッと増したが、気さくな笑顔や礼儀正しさ、ピュアな魅力は変わらない。声をそろえて「お久しぶりです。よろしくお願いします」と笑顔で迎えてくれた。

 まず印象的だったのが2人の関係性の微妙な変化。これまでの取材では記者が質問すると、ユンホが先に答えてチャンミンに促したり、ユンホがチャンミンに先に振ったりとユンホ主導に動くことが多く、途中でチャンミンが笑いを誘うと、ユンホが優しく突っ込むという兄キャラのユンホ、弟キャラのチャンミンというイメージだった。

 ところが、今回はユンホもチャンミンも同じように主張するし、ユンホが回答に困っているときはチャンミンがしっかり助ける。互いが持ちつ持たれつ、という感じで共存していて信頼関係も強固になった雰囲気。節々で成熟したチャンミンをうれしそうに見守るユンホの姿が強く印象に残った。

 インタビューでは、ユンホが「一緒にいるのが一番楽です」「成熟して頼もしくなった」と言えば、チャンミンも「一緒にやれることがうれしい」「リーダーとしての優しさが増した」と返すなど変わらず相思相愛。しかも、2人の言葉は前向きで周囲やファンへの感謝であふれていた。

【続きを読む】

  • チャンミンとユンホの礼儀正しく飾らない人柄は変わらない
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. “チーム東方神起”が2年半の充電期間経て強固に 6年ぶりにインタビュー/芸能ショナイ業務話