2021.5.4 21:42(1/2ページ)

あの杉下茂以来71年ぶり! 中日・根尾のプロ1号は満塁弾!!

あの杉下茂以来71年ぶり! 中日・根尾のプロ1号は満塁弾!!

中日が勝利。ヒーローインタビューでドアラにちょっかいを出される、プロ入り1号本塁打の根尾=愛知県名古屋市・バンテリンドームナゴヤ(撮影・林俊志)

中日が勝利。ヒーローインタビューでドアラにちょっかいを出される、プロ入り1号本塁打の根尾=愛知県名古屋市・バンテリンドームナゴヤ(撮影・林俊志)【拡大】

その他の写真(1/6枚)

 中日は4日、DeNA8回戦(バンテリンD)に8-4で勝利。「8番・左翼」で先発出場した根尾昂内野手(21)が、三回にプロ初本塁打となる満塁弾を放った。球団の日本選手では1950年4月21日(西日本戦)の杉下茂以来、実に71年ぶりとなる快挙を達成。2019年に大阪桐蔭高からドラフト1位で入団。3年目でついに飛躍へのきっかけをつかんだ。

     ◇

 本拠地に足を運んだ9679人の歓声が、地鳴りのようにこだまする。これがスターの弾道だ。根尾が3年目でプロ初アーチ。しかも、ど派手なグランドスラム。喜びをかみしめながら、ダイヤモンドを一周した。

 「すごく大きい声援だったので『ファンの期待に初めて応えられたな』というか…。とにかくドームが盛り上がってくれたのがよかったです」

 4-3の三回1死満塁。通算105打席目だった。DeNA先発、大貫が投じた内角への142キロを完璧に捉えた。白球は竜党が陣取る右中間席へ着弾。スタンドとベンチの祝福に笑顔で応えた。

 球団史に残るメモリアルアーチとなった。プロ初本塁打を満塁弾で飾ったのは、1950年4月21日の杉下茂以来、71年ぶり。両翼100メートル、フェンス4・8メートルで本塁打が出にくいとされるバンテリンドームでは史上初となった。

【続きを読む】