2020.3.30 05:04(1/2ページ)

DeNA・山崎、ソトの折れたバットで靴べら作り!“臨時休暇”の3日間は趣味に没頭

DeNA・山崎、ソトの折れたバットで靴べら作り!“臨時休暇”の3日間は趣味に没頭

29日正午過ぎの横浜スタジアム。グラウンドは雪で真っ白だった(撮影・塩浦孝明)

29日正午過ぎの横浜スタジアム。グラウンドは雪で真っ白だった(撮影・塩浦孝明)【拡大】

 DeNA・山崎康晃投手(27)が29日、横浜スタジアムで自主練習を行った。日本を代表するクローザーは、前日まで3日間の休日は趣味のDIYに没頭し、外出を控えて体調管理を徹底。新型コロナウイルス感染拡大に警戒を強め、1日も早い事態終息を待ち望んだ。

 野球界にも猛威をふるい始めた新型コロナウイルス。グラウンドに雪が積もったため、横浜スタジアムの室内練習場で自主練習を行った山崎は、危機感をあらわにした。

 「正直、リスクは高くなっている。誰がかかってもおかしくない。今はチームの指示を徹底して手洗い、うがいをしたり、接触を控えたり、まず自分の身を守ること。そのあとに、野球なのかなと思う」

 シーズン開幕が延期となったことを受け、“リフレッシュ期間”として設けられた前日28日までの3日間は完全休日に充てた。自宅と球場の往復以外の外出を避けるチーム方針に加え、首都圏で外出自粛要請も出される中、山崎は一歩も外に出ることなく前向きに気分転換。自宅で趣味のDIYに熱中した。

【続きを読む】

  • マスクをして取材対応する山崎。自己管理を続けている
  • DeNA・ソト