2020.3.29 17:48

DeNA・三嶋、完全オフでコロナ対策徹底「見られている立場の自覚」

DeNA・三嶋、完全オフでコロナ対策徹底「見られている立場の自覚」

取材対応するDeNA・三嶋一輝=横浜スタジアム(撮影・塩浦孝明)

取材対応するDeNA・三嶋一輝=横浜スタジアム(撮影・塩浦孝明)【拡大】

 DeNA・三嶋一輝投手(29)は29日、横浜スタジアムでの自主練習に参加。キャッチボールやトレーニングを行い、汗を流した。

 前日まで与えられた3日間の休日期間は、とにかく外出を控えた。「ずっとニュースを見ていました。今の日本の状況をチェックしていた」。阪神の3選手が新型コロナウイルスに感染したニュースにも触れ「テレビのテロップでも名前が出る。見られている立場の人間として、ちゃんとしないといけないという自覚を改めて感じた」と振り返った。

 オフ以外では経験のない、3日間の完全休養だが「パフォーマンスが落ちるとかよりも、今はこの大変な時期に、プロとしてどんな行動をすべきか」と三嶋。昨季71試合に登板した鉄腕は「手洗い・うがいはめっちゃしました。アルコール消毒もして、暖かい格好をして、熱や風邪をひいて抵抗力が弱まってもいけないので」と、とにかく体を気遣った。