2019.12.18 19:01

救援投手「3人以上と対戦」を明記 日本では来季適用せず

救援投手「3人以上と対戦」を明記 日本では来季適用せず

 プロ、アマ合同の日本野球規則委員会が18日、東京都内で開かれ、来年の公認野球規則の改正で、米大リーグが来季から導入する方針の救援投手に打者3人以上との対戦を義務づけるルールを明記することが決まった。米国のルール改正を受けた対応だが、日本では来季は適用しない。

 公認野球規則は米国での改正を1年遅れで反映させることが通例となっているが、注釈をつけて国内では異なる運用をする場合もある。救援投手の新ルールの将来的な導入の可能性について、日本野球機構(NPB)は「来年の米国の状況を見ながら、規則委員会で研究する」としている。

 また、これまでは走者が内野手より後方で打球に触れた場合はアウトとならなかったが、今後は打球が野手の股間を抜けた場合などを除きアウトとなることになった。