2019.10.10 05:04(1/3ページ)

超強気!阪神・矢野監督、Gに2敗ビハインドも収穫たっぷり「必要な負け」

超強気!阪神・矢野監督、Gに2敗ビハインドも収穫たっぷり「必要な負け」

戦況を見つめる矢野監督。どう「2敗」するか、頭の中はフル回転だ(撮影・水島啓輔)

戦況を見つめる矢野監督。どう「2敗」するか、頭の中はフル回転だ(撮影・水島啓輔)【拡大】

 (セ・クライマックスシリーズ・ファイナルステージ第1戦、巨人5-2阪神、巨人2勝、9日、東京D)敗れて不敵、“最高の負け方”だ! セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージが開幕し、レギュラーシーズン3位の阪神は1位の巨人に2-5で敗戦。Gにはリーグ優勝による1勝のアドバンテージがあり、0勝2敗となったが、矢野燿大監督(50)は日本シリーズ進出へ向けて「必要な負け」と超強気。そのココロは-。

 勝ちどきをあげる宿敵を背に、矢野監督が不気味にほほえんだ。大事な初戦を落とし、リーグ覇者のアドバンテージも合わせて、0勝2敗。過去ここから巻き返したチームは2年前のDeNAだけ-。しかし、傍目には苦しい状況にも、虎将は極めて強気だった。

 「ある意味うちにとっては必要な負けっていうか、俺はそう思ってるんだけど」

 今季も10勝15敗とやられ、8年連続で負け越しを食らっている巨人に、二回までに5点を奪われて黒星発進。しかし、指揮官にとっては想定内の負け…。いや、負けの中でも理想的といえる負け方だったというのだ。

 まず先発投手だ。今季3冠に輝いた山口に対して、虎は22歳、プロ通算1勝の望月を抜てき。苦戦は承知の上だった。

 加えて0-5の三回以降は、この日昇格させた岩貞、そして能見、守屋が2イニングずつ無失点リレー。「みんなよく投げてくれた。だから、最後こういうゲームになれた。それはピッチャーが作ってくれた部分が大きい」。被安打わずか1で、改めて虎のブルペン陣の脅威を見せつけ、巨人の勢いを止めた。

【続きを読む】

  • 巨人の守護神・デラロサ(右端)を出す展開にし、“KO”したのも大きかった
  • 過去のセ・リーグCSファイナルS