2019.6.12 21:00

輝星、ウイニングボールは両親に「本当に大切な一球になった」

輝星、ウイニングボールは両親に「本当に大切な一球になった」

ヒーローインタビュー後球マスコットから祝福のキスを受ける日本ハム・吉田輝=札幌ドーム(撮影・野口隆史)

ヒーローインタビュー後球マスコットから祝福のキスを受ける日本ハム・吉田輝=札幌ドーム(撮影・野口隆史)【拡大】

 (セ・パ交流戦、日本ハム2-1広島、2回戦、日本ハム2勝、12日、札幌D)日本ハムのドラフト1位・吉田輝星投手(18)=金足農高=が5回4安打1失点4奪三振と好投。昨夏の甲子園準優勝右腕が1軍デビュー戦でプロ初勝利を挙げた。吉田輝との一問一答は以下の通り。

 --プロ初登板初先発で初勝利

 「率直にうれしい。自分の力だけではない。すごい応援の声が聞こえてきたので力になった」

 --試合に臨む心境は

 「いつも以上に準備をして、試合に入ったら平常心でやろうと思った。1軍のマウンドは違うと思った。楽しみながらマウンドに上がれた」

 --4奪三振

 「ストレートで押していって打たれたら仕方がないと思った。初回から点を取ってもらって投げやすかった。三回は気持ちを入れてがんばった」

 --継投で逃げ切った

 「ヒットも打たれずに完璧に抑えてくれた。すごいと思った。勝ったということに喜びを感じた」

 --ウイニングボールは

 「本当に大切な一球になった。両親にプレゼントしたい。ここまで来られたのも両親のおかげ。しっかり返せるようにがんばりたい。ファンの期待に応えられるように全力でやっていきたい」

試合結果へ

  • 5回、広島・菊池涼を三振に仕留める日本ハム・吉田輝=札幌ドーム(撮影・野口隆史)
  • 広島に勝利し、栗山監督(左)と写真撮影に臨む日本ハム・吉田輝=札幌ドーム(撮影・福島範和)