2019.3.15 10:00(1/2ページ)

“二刀流男”黒沢尻工・菅原が石巻専大へ進学!3人の兄超え「神宮行く」/東北スポーツ

“二刀流男”黒沢尻工・菅原が石巻専大へ進学!3人の兄超え「神宮行く」/東北スポーツ

特集:
東北スポーツ
菅原は黒沢尻工でエース兼遊撃手の“二刀流”としてプレー。大学では聖地・神宮での活躍を狙う(撮影・井上幸治)

菅原は黒沢尻工でエース兼遊撃手の“二刀流”としてプレー。大学では聖地・神宮での活躍を狙う(撮影・井上幸治)【拡大】

 黒沢尻工(岩手)で、投手と遊撃手の“二刀流”で活躍した菅原大夢投手(3年)が、4月から南東北大学野球リーグの石巻専大へ進学する。3人の兄がいずれも甲子園に出場したが、自身は果たせず。それだけに大学では4兄弟初の“神宮出場”という目標を掲げ、内野手一本で勝負すると意気込んだ。

 兄たちが甲子園出場なら、自分は神宮だ。石巻専大に進む菅原が、新たな目標をぶち上げた。

 「自分だけ甲子園に行けなかったが、神宮(大学選手権、明治神宮大会)に行ければ、兄弟では自分だけ。兄たちを超えたい」

 決意の一文字「超」を色紙に記し、気持ちを込めた。父の守さんは仙台育英(宮城)OB。兄の甲子郎さん、利満さん、優輝さんはいずれも盛岡大付(岩手)で甲子園に出場した。菅原自身は昨夏、史上初となる4兄弟での甲子園出場を目指したが、岩手大会準々決勝で涙をのんだ。

 「負けたときは悔しさしかなかったが、甲子園が全てじゃない。悔しさを持てたのは今後にプラス。次の舞台で悔しさを晴らしたい」

 気持ちを切り替え、石巻専大への進学を選択。大学野球の聖地、神宮でのプレーを新しい目標に設定した。

 越えなければいけない壁もある。3番目の兄・優輝さんは、石巻専大と同じ南東北大学リーグで現在3季連続で優勝している東日本国際大の選手。「『俺らを倒さないと全国には行けないぞ』といわれた。兄を倒して自分が神宮へ行く」と菅原。これまで神宮でのプレー経験がない兄に先んじて、大舞台を狙う。

【続きを読む】

  • 菅原は黒沢尻工でエース兼遊撃手の“二刀流”としてプレー。大学では聖地・神宮での活躍を狙う(撮影・井上幸治)
  • 決意の1文字で「超」としたためた黒沢尻工・菅原。「菅原4兄弟」の甲子園出場はならなかったが、自身が初の神宮出場をつかみ取る(撮影・井上幸治)