2019.3.15 19:35

中日・根尾、公式戦初の3三振「技術不足。悔しい」

中日・根尾、公式戦初の3三振「技術不足。悔しい」

1回、三振に倒れた中日・根尾=15日、ナゴヤ球場(撮影・森本幸一)

1回、三振に倒れた中日・根尾=15日、ナゴヤ球場(撮影・森本幸一)【拡大】

 中日のドラフト1位・根尾昂内野手(18)=大阪桐蔭高=が15日、ウエスタン・リーグ開幕戦のオリックス戦(ナゴヤ球場)に「1番・遊撃」で先発出場。5打数無安打、3三振と結果を残せなかった。

 根尾は「しっかりとバットを振りにいけたのはよかったが…。(公式戦初3三振は)過去にないと思う。僕の技術不足。悔しいです」と、唇をかみしめた。

 オリックスは開幕投手を務める山岡が調整登板。一回は3球三振。三回は三ゴロ、六回は空振り三振。七回2死二、三塁の好機ではスライダーを見逃し三振に。九回2死二、三塁では2番手・金田に三ゴロに抑えられて試合終了となった。

 このあと室内練習場で守備練習を繰り返し、日課のウエートトレなどを行い、球場に隣接する独身寮に戻ったのは午後6時半だった。

 根尾は「疲れは感じていない。しっかりとした考えをもって(レベルアップのための)練習をしていきたい」と気持ちを新たにした。16日のオリックス戦(ナゴヤ球場)で、この日の悔しさをぶつける。

  • 7回、三振に倒れる中日・根尾=ナゴヤ球場(撮影・森本幸一)
  • 4回、打球を追う中日・根尾=ナゴヤ球場(撮影・森本幸一)
  • 4回、打球を追うも捕球できない中日・根尾=ナゴヤ球場(撮影・森本幸一)
  • 4回、打球を追うも捕球できない中日・根尾。記録は安打=ナゴヤ球場(撮影・森本幸一)