2018.6.11 21:32

スコアボードの鉄板倒れ高校野球部員が骨折…札幌の麻生球場、交換作業中に

スコアボードの鉄板倒れ高校野球部員が骨折…札幌の麻生球場、交換作業中に

 札幌市北区の麻生球場で5月、市内高校の野球部員がスコアボードの校名を表示する鉄板に脚を挟まれて骨折する事故があり、球場を所有する市は11日、対策を協議した。部員は試合前に鉄板の交換作業をしており、スコアボード裏に立て掛けていた鉄板が倒れてきたという。

 市によると、5月10日に麻生球場で高校野球春季北海道大会予選が行われ、作業担当校の部員5人と教員が作業していたところ事故が起きた。校名の鉄板は重さ1枚約15キロで、縦約1メートル、横約1・8メートル。10枚まとめて立て掛けてあった。

 市の担当者が今月11日、球場の指定管理者と現場を視察し、23日に始まる全国選手権大会の地方大会までに校名の鉄板を軽い材質のものに入れ替えることを決めた。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. スコアボードの鉄板倒れ高校野球部員が骨折…札幌の麻生球場、交換作業中に