2018.6.10 05:06(1/4ページ)

大谷、手術も…右肘靱帯損傷で前半戦絶望的 「PRP注射」治療受け3週間後再検査

大谷、手術も…右肘靱帯損傷で前半戦絶望的 「PRP注射」治療受け3週間後再検査

特集:
大谷翔平
ロイヤルズ戦に登板した大谷。まめを悪化させて降板したが、この後に肘の不調に気付いたという (共同)

ロイヤルズ戦に登板した大谷。まめを悪化させて降板したが、この後に肘の不調に気付いたという (共同)【拡大】

 【ミネアポリス(米ミネソタ州)8日(日本時間9日)】米大リーグ、エンゼルスは、大谷翔平投手(23)が右肘の内側側副靱帯(じんたい)の損傷で初めて10日間の故障者リスト(DL)に入り、「PRP注射」と呼ばれる治療を受けたと発表した。3週間は投球せずに調整し、再検査を受けて今後の方針を決める。前半戦の投手復帰やオールスター戦(7月17日、ワシントン)出場は絶望的。最悪手術を受ける可能性もあり、米国を席巻していた二刀流伝説に暗雲が垂れ込めた。

【続きを読む】

  • エンゼルスの大谷翔平の故障者リスト入りについて、取材に応じるソーシア監督=8日、ミネアポリス(共同)
  • 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平選手の故障者リスト入りについて、取材に応じるソーシア監督=8日、ミネアポリス(共同)
  • 大谷の損傷箇所
  • エンゼルス・大谷翔平の今季登板成績
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. MLB
  4. 大谷、手術も…右肘靱帯損傷で前半戦絶望的 「PRP注射」治療受け3週間後再検査