2018.6.8 08:00

【野村弘樹ウイニングショット】大谷、試合中にまめが一気に悪化か

【野村弘樹ウイニングショット】

大谷、試合中にまめが一気に悪化か

特集:
大谷翔平
5回、エンゼルス・大谷翔平の右手を心配そうに覗き込むソーシア監督=エンゼル・スタジアム(撮影・リョウ薮下)

5回、エンゼルス・大谷翔平の右手を心配そうに覗き込むソーシア監督=エンゼル・スタジアム(撮影・リョウ薮下)【拡大】

 エンゼルス4-3ロイヤルズ(6日、アナハイム)大谷はもったいない降板の仕方だった。久しぶりに少ない球数(13球)で一回を乗り切り、三回まではいいペース。スライダーの球速がいつもより3、4キロ遅いのは気になったが、一つ一つのボールは問題なかった。

 私はまめができやすかったので、シーズン中はつめ用とまめ用のやすりを数種類ずつ携帯し、まめが大きくなると削った。個人差があるから一緒にはできないが、さらに言うと、私はまめがやぶれても気にせずに投げられた。

 メジャーの使用球は日本製に比べて縫い目の山が高く、滑りやすい。大谷も十分にケアをしていたと思うが、あれだけ速い球を投げると指にかかる圧が高いし、リリースの瞬間は熱をもつので、まめが試合中に一気に悪化した可能性はある。

 大谷は五回にマウンドに上がった時点で、まだ投げられると思っていたかもしれないが、メジャーでは絶対に無理をさせない。チームは、他の先発陣より登板間隔が長い大谷の登板日は絶対に落としたくないはず。ナーバス過ぎるくらいにナーバスになって、登板に備えてほしい。 (サンケイスポーツ専属評論家)

試合結果へ大谷の打撃成績へ大谷の投手成績へ

  • ロイヤルズ戦5回のマウンドに立つも、投球せずに降板するエンゼルス・大谷翔平=エンゼル・スタジアム(撮影・リョウ薮下)
  • ロイヤルズ戦に先発したエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. MLB
  4. 【野村弘樹ウイニングショット】大谷、試合中にまめが一気に悪化か