2018.6.5 13:00(1/2ページ)

【球界ここだけの話(1292)】西武の左腕・野田、悪性リンパ腫にかかったゴールデンレトリバーとともに闘う

【球界ここだけの話(1292)】

西武の左腕・野田、悪性リンパ腫にかかったゴールデンレトリバーとともに闘う

特集:
サンスポ記者の球界ここだけの話
西武・野田

西武・野田【拡大】

 2日に行われた西武-阪神(メットライフ)で糸井(阪神)が自身初の満塁弾を放ち、逆転勝利に導いた。痛恨の一発を浴びたのは、西武の3年目左腕、野田昇吾投手(24)。辻監督からは「勝っているのになぜ余裕がないのか」と厳しい言葉が飛び、翌3日に出場選手登録を抹消された。

 西武は、開幕前から強力打線に比べて投手陣が弱点とされてきた。中継ぎでは、昨オフに牧田がポスティングシステムで米大リーグ、パドレスへ移籍。チームトップの32ホールドをマークしたシュリッターも退団した。

 抑えで実績があり、昨秋トミー・ジョン手術から復活した高橋朋も左肩の違和感を訴えて、2軍調整中だ。

 そんななか、野田は5月中旬まで防御率0点台と奮闘。だが、徐々に痛打される場面が目立つようになり「全然ダメ。我慢して使ってもらっている。あとがない状況」と危機感を抱いていた。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 西武
  5. 【球界ここだけの話(1292)】西武の左腕・野田、悪性リンパ腫にかかったゴールデンレトリバーとともに闘う