2018.5.16 11:56

エンゼルス、打線組み替えで大谷が2番 敵将も警戒「1球目から危険」

エンゼルス、打線組み替えで大谷が2番 敵将も警戒「1球目から危険」

特集:
大谷翔平
1回、三振に倒れたエンゼルス・大谷=アナハイム(撮影・リョウ薮下)

1回、三振に倒れたエンゼルス・大谷=アナハイム(撮影・リョウ薮下)【拡大】

 エンゼルス-アストロズ(15日、アナハイム)エンゼルスはコザートが休養日だったことで打線を組み替えた。トラウトが定位置の2番から1番に入り、大谷は代わりに2番に。アストロズのヒンチ監督は試合前に「投手にとっては1球目から危険」と新1、2番コンビを警戒していた。

 大谷は四球のトラウトを一塁に置いた一回、好投手コールに空振り三振に倒れた。それでも、次のアップトンが本塁打を放ち、ソーシア監督が「ごみ箱に紙くずがたくさんたまっている」と熟慮の末に決めた打順は、結果的に2点の先行につながった。(共同)

試合結果へ大谷の打撃成績へ大谷の投手成績へ

  • エンゼルス・大谷が「2番・指名打者」でアストロズ戦に出場することを知らせる電光掲示板=アナハイム(共同)
  • アストロズ・バーランダーと挨拶を交わすエンゼルス・大谷(背中)=アナハイム(撮影・リョウ薮下)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. MLB
  4. エンゼルス、打線組み替えで大谷が2番 敵将も警戒「1球目から危険」