2018.5.1 13:00

【球界ここだけの話(1257)】元ヤクルトの伊藤智仁氏が伝説の対決へ 監督務めるBC富山の観戦ツアー「高速スライダー号」開催

【球界ここだけの話(1257)】

元ヤクルトの伊藤智仁氏が伝説の対決へ 監督務めるBC富山の観戦ツアー「高速スライダー号」開催

特集:
サンスポ記者の球界ここだけの話
伊藤智仁氏

伊藤智仁氏【拡大】

 元ヤクルト投手の伊藤智仁氏(47)が監督を務めるBCリーグ・富山GRNサンダーバーズの試合を観戦する応援バスツアーが開催される。ツアー名は「高速スライダー号応援バスツアー~下道では低速ですけどなにか~」だ。

 営業、広報の役割も担う伊藤監督自らが「富山へぜひ一度遊びに来てほしい」という思いから考案したという。6月1日深夜に東京都内を出発し、2日に行われる信濃戦(県営富山)を観戦。富山観光やスパにも入浴し、3日に帰京する行程となっている。

 「高速スライダー号」という名前も往年のファンをひきつける。「東京から富山までの道のりが、まさに高速スライダーの軌道を描いているということで『高速スライダー号』と名付けました」と球団関係者。伊藤監督の現役時代の代名詞だったスライダーになぞられて命名したという。

 同戦では伝説の対決の再現も予定されている。1993年6月9日のヤクルト-巨人(金沢)。新人だった同監督は16三振を奪いながら代打・篠塚和典氏(60)の一発に沈んだ。あれから25年。試合前には特別イベントとして、1打席対決を計画している。

 球団関係者によると「高速スライダー号」は今後も開催を検討していくという。

 「勝利と育成の2つを追い求めていくことになるので、自分自身も勉強しながらいい一年を過ごせたら。富山の若い選手をNPBの球団に入れるのではなく、NPBの球団で活躍してもらうために指導していきたい」と話してきた伊藤監督。BCリーグの試合は、1試合の来場者数が500人を割ることもある。認知度アップのためなら、一人何役でもこなす覚悟だ。(長崎右)

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ヤクルト
  5. 【球界ここだけの話(1257)】元ヤクルトの伊藤智仁氏が伝説の対決へ 監督務めるBC富山の観戦ツアー「高速スライダー号」開催