2018.4.20 13:00

【球界ここだけの話(1246)】巨人・中井の中堅起用は可能性を広げるチャンス 新米パパとして決意も新た

【球界ここだけの話(1246)】

巨人・中井の中堅起用は可能性を広げるチャンス 新米パパとして決意も新た

特集:
サンスポ記者の球界ここだけの話
巨人・中井

巨人・中井【拡大】

 自身の可能性を広げるチャンスだ。巨人・中井大介内野手(28)が、4月13日の広島戦(東京ドーム)に「7番・中堅」で先発出場。中堅で先発起用されるのはプロ11年目で初めてのことだった。

 開幕から中堅を守っていた陽岱鋼(ヨウ・ダイカン)が、4月3日の中日戦(ナゴヤドーム)で死球を受けて左手甲を骨折。長期離脱を強いられた。代わって立岡や長野が中堅に就く中、13日は中井が抜てきされた。

 中井にとっては慣れない景色の緊張感はあったと思うが、一回の第1打席で今季1号本塁打を放ち、定位置奪取へアピール。本塁打に変えた内角のツーシームは「狙っていたボールじゃなかったけど、うまく反応できました」と振り返り、「使っていただいているので結果を出すこともそうだけど、一打席一打席、いいものが出せるようにしたい」と浮かれることはなかった。

 内野手登録だけに守備に関しては「外野全体の経験が多いほうじゃない。センターもあまりやったことがありません。亀井さんやベンチからアドバイスをもらいながらやっていくしかないですね」。現役時代に外野手部門でゴールデングラブ賞を7度受賞するなど名手だった高橋由伸監督(43)は「(中井の)守りは、周りが思っているより守れる選手だと思っています」と評価している。

 中井は新米パパとして決意も新た。4月11日に第1子となる長男が誕生し「しっかり、やらなきゃいけない。自分のためだけじゃなく、家族や支えてもらっている人のためにも頑張りたい」と意気込む。

 奮闘を続ける28歳が今季こそレギュラーの座をつかむ。(吉村大佑)

  • 巨人・中井
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 巨人
  5. 【球界ここだけの話(1246)】巨人・中井の中堅起用は可能性を広げるチャンス 新米パパとして決意も新た