2018.4.13 13:00(1/2ページ)

【球界ここだけの話(1239)】DeNA選手のグラブが面白い、宮崎は西城秀樹モデル!?

【球界ここだけの話(1239)】

DeNA選手のグラブが面白い、宮崎は西城秀樹モデル!?

特集:
サンスポ記者の球界ここだけの話
宮崎のグラブ

宮崎のグラブ【拡大】

 野球のグラブはポジションによって大きさやデザインなど特徴が違う。プロ野球の選手はそこにオリジナルの刺繍(ししゅう)などをほどこし、独自のグラブとして愛用している。そんなグラブの裏側に小さな“ストーリー”が存在している。

 DeNAの桑原は昨年、外野手部門で初のゴールデングラブ賞を獲得した。だが、当時の桑原の守備を支えたのは、自分のグラブではなかった。

 「桑原選手は、筒香選手のために用意したグラブを使っていたんです」

 ミズノ社の担当者が明かしてくれた。昨季開幕前、同社が筒香に渡した2、3個のグラブのうち、一つを桑原がお試しで使用(もちろん、筒香の許可をとって)したところ、すっかり気に入ったという。結局、シーズン中も使い続け、最終的にタイトルを獲得した。ちなみに今季の桑原モデルは「昨年の筒香選手のをベースに作りました」(担当者)とのことだ。

 今季、DeNAのなかで、ひときわ目を引くのがカラフルな宮崎の練習用グラブだ。赤、青、白のしま模様に無数の☆マークがちりばめられている。ミズノ社がデザインを相談した際に、「アメリカン柄」と呼んでいる同柄を宮崎が気に入った。

 「“ヤングマン柄”じゃないですか。これにしてください」

 1979年の大ヒット曲「YOUNG MAN (Y.M.C.A.)」(ヤングマン ワイ・エム・シー・エー)を歌う、西城秀樹の衣装を連想したという。宮崎は特注グラブついて「“西城秀樹モデル”です」と笑った。小指部分には遊び心で「YMCA」の刺繍を入れた。

【続きを読む】

  • 宮崎のグラブは小指部分に「YMCA」の刺繍
  • 佐野のグラブ
  • 東のグラブ
  • バリオス
  • 東
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. DeNA
  5. 【球界ここだけの話(1239)】DeNA選手のグラブが面白い、宮崎は西城秀樹モデル!?