2018.4.10 13:00

【球界ここだけの話(1236)】青木宣親が『背中』と『言葉』でヤクルトを変革 ミーティングでは方向性も示す

【球界ここだけの話(1236)】

青木宣親が『背中』と『言葉』でヤクルトを変革 ミーティングでは方向性も示す

特集:
サンスポ記者の球界ここだけの話
4日の広島戦。お立ち台でファンと喜びをわかちあった青木

4日の広島戦。お立ち台でファンと喜びをわかちあった青木【拡大】

 昨季球団ワーストの96敗を喫した古巣を『背中』と『言葉』で変革している。巨人戦に3連勝するなど開幕から好スタートを切ったヤクルト。好循環を生んでいるのが、米大リーグから7年ぶりに復帰した青木宣親外野手(36)の存在だ。

 名古屋への移動日となった4月9日。先発投手以外は休養日だったが、神宮の室内練習場にはいつも通りの青木の姿があった。休日返上で黙々とバットを振り続ける『背中』は、若手にとって手本となっている。

 背番号1の後継者でもある山田哲は「取り組む姿勢がすごい。一緒に練習していくうちに、すごい勉強熱心なんだと驚いた。自分もやらないといけないと思うし、勉強になる」と話す。

 チームリーダーとして『言葉』でも方向性を示している。開幕前のミーティングでは、こんな言葉をナインにかけた。

 「長いシーズンが始まる。負けが込んでくることもある。『MUST(マスト=しなければいけない)』な気持ちになってしまう場面がある。そういう時には『MUST』ではなく『CAN(キャン=できる)』の気持ちでいこう」

 義務感に縛られるのではなく、苦しい時こそ自分の力を信じよう。大学、プロ野球、大リーグと、自身の力で当初の評価を覆してきた青木らしい言葉だった。

 「(自分の役割は)気づいたことを言っていくことかな。そういうのは自分でも分かっているつもりだから。バランスを取りながら、プレーでも引っ張っていかなきゃと思っている」。燕改革の中心に青木宣親がいる。(長崎右)

  • 6日の巨人戦で一回、難敵・菅野から適時二塁打を放った青木
  • 4日の広島戦。青木は八回、適時二塁打を放ちガッツポーズ
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ヤクルト
  5. 【球界ここだけの話(1236)】青木宣親が『背中』と『言葉』でヤクルトを変革 ミーティングでは方向性も示す